農家さんの想いを繋ぐ

農薬や化学肥料に頼らず、太陽や水、土壌や生物など自然界の力を活かし、環境への負担をできる限り減らすことで自然の循環を考えたオーガニック。
そこには、自然の恵みがたっぷり詰まっており、身体にやさしく、私たちに「たくさんの活力」を与えてくれます。
何より農産物本来の味が濃く、「おいしい」・「からだに心地よい」を実感します。



オーガニックプラザが目指すこと

オーガニックを、ときどき“食”を意識したときにだけ選択される“特別”なものではなく、日々の暮らしの中にもっと浸透させていきたい。
日本ではまだまだ希少ですが、お客様と、農家さんとのつながりをつくり、もっと日本にオーガニックを広めてゆければと思います。

健やかな身体は毎日の食生活から ~オーガニックの普及促進~

日本における有機認証制度が2000年にスタートしました。農薬や化学肥料の健康への影響が危惧される一方で、有機農産物のシェアはわずか約0.4%、そしてそれら有機食材で作られる有機加工食品も同様に希少です。有機食材を買いたくても、日本国内では簡単には買うことができないという現状があります。宅配での流通は徐々に普及してきていますが、近くのお店で手軽に買うことはできません。
私たちは、「そんな状況を変え、オーガニックの普及が進む欧米各国のように身近なスーパー等で有機食品を手軽に買えるようにしていきたい」そういう想いで、店舗を立ち上げました。

高温多湿な気候であることや、高度成長時代に大量生産の時代に入ったこと、またオーガニックの種子が手に入りにくいなど、オーガニックの普及が遅れている理由にはさまざまなことが挙げられます。そして有機農業は困難も多く、また、普及していないから売り方も難しいという問題もあるかもしれません。ですが、強い意志と信念を持って有機農業を実践されている農家さんも少なくありません。私たちはそのような農家さんが育てた有機食品の販路を開拓し、流通を広げるサポートをしていきたいと思っています。有機食品を選ぶお客様が増え、また、例えばオーガニックに興味を持った人達が自ら家庭菜園を始めたり、さらには有機農家さんが増えていくようなサイクルにも繋がって欲しい、オーガニックが広がる一助になればと願っています。
私たちのオーガニックへの取り組みはスタートしたばかりでまだまだ微力な存在ですが、日本のオーガニック市場を必ず大きくしていきたいと思っています。


すべての生命、また環境にとって健全な状態が実現

農薬や化学肥料への依存は環境破壊につながり、持続的な農業ができないようになります。

オーガニックを選択することは、健康面の安心感はもちろんですが、生態系への配慮へと繋がっています。環境へ配慮するという想いを皆で共感する“楽しさ”ももたらしてくれます。
多少不便であっても、手間をかけて作られたものや、自然に配慮したものに、価値を見出す人が増えれば、オーガニックの需要はもっと増し、普及につながるかもしれません。

誰しもが、心地よい環境を次世代に残したいと考えることと思います。 少しでもできることから行動し、未来に良い“食”“心地よい環境”を残していきたいと思います。